プリューレ・ロック

●ドメーヌ・プリューレ・ロック(Domaine Prieure Roch)●


ドメーヌ・プリューレ・ロックは1988年、ニュイ・サン・ジョルジュ村にDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)の共同経営者であるアンリ・フレデリック・ロック氏が設立した ドメーヌ。

DRCの醸造責任者ベルナール・ノブレ氏のアドバイスを受け、シトー派時代の有機栽培を復活させ、醸造法も伝統手法を採用しています。

醸造責任者は、2000年までフィリップ・パカレ氏が務めていました。

ロック氏はアンリ・ルロワ氏の孫で、1992年マダム・ルロワがDRCの共同責任者の任を解かれた後、DRCの共同責任者を務めた人!
 
そんな輝かしい経歴をもったロック氏が、経験と伝統と近代的設備を全て融合させて出来上がったのが【ドメーヌ・プリューレ・ロック】なのです!!

 
『ワインは、生きている!!』


と考える彼は、”ビオロジック農法”でワインを造っています。

『ビオロジック農法』はブドウ畑の土壌を活性化させ、土を健全な状態にし、ブドウ樹の生命力を強くする農業方法のこと。

これによって、バランスの取れた栄養をブドウの木は吸収し、健全でかつ豊かなブドウが育つという考えです。

もちろん、除草剤、化学肥料は、一切使用しません。

徹底したポリシーで畑の個性、すなわちテロワールをそのまま映し出した彼のワインは、世界中のワイン・ラヴァーに愛されています。


土に拘り、酵母の力を最大限に生かす彼の醸造方法は、ワインに複雑で甘美な香りをもたらしています。

 
土から来る独特のワインの香りはプリューレ・ロック独自のテロワールを表現しているといえるのでしょう。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0