ロベール・シュヴィヨン

●ドメーヌ・ロベール・シュヴィヨン(Domaine Robert Chevillon)●


ロベール・シュヴィヨン氏が、先代のモーリス・シュヴィヨン氏と共にドメーヌを運営するようになった1968年頃から頭角を現し始めた、ニュイ・サン・ジョルジュの名門ドメーヌです。

1977年から全てドメーヌ元詰めとなり、現在に至る品質と評価を得るようになりました。

現在では、ロベール氏の二人の息子兄弟が実質の運営に当たっています。

シュヴィヨンの特徴は、多くの樹が高齢樹であること。
(樹齢を100年超えるものもあるとの事!)



その良さを最大限発揮できるように畑をきちんと管理し、よりテロワールの個性が反映されるように努力を惜しみません。

また、霜などによるリスクをかえりみず剪定を短くし、終了を極限まで抑えています。

昔ながらの伝統的な醸造方法を守り、「ワインの良し悪しは畑の段階で決している」というのが、シュヴィヨンの哲学。

醸造段階では手を加えすぎないことを信条としています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0