ブシャール・ペール・エ・フィス 

ブシャール・ペール・エ・フィスは1731年、ミッシェル・ブシャールによってボーヌに創業以来有数の伝統を誇り、その高い品質とコート・ドール全域に所有する自家ぶどう園は、ブルゴーニュ屈指とされているブルゴーニュ地方の名門ネゴシアンです。

このブシャール・ペール・エ・フィスが大躍進を遂げるのは、101歳まで生きた3代目、アントワーヌ・フィリベールの時代で、彼は優秀な畑を次々に購入しました。

そして1820年、ルイ11世と12世が築いた15世紀の城“シャトー・ド・ボーヌ”を購入し、ボーヌの象徴的な存在に君臨することになりました。

しかし、9世代に渡るブシャール家の経営は陰りを見せ始め、1995年、シャンパーニュの名門「アンリオ」のオーナー、ジョセフ・アンリオ氏に経営が引き継がれました。

アンリオ氏が就任して以降、ピノ種とシャルドネ種を知り尽くした氏により、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる全ての工程で大革新が行なわれ、一時の低迷期を一気に抜け出して飛躍的な品質向上を果たしました。

特に“理想のワイン”とされる、畑の個性が忠実に表現され、「果実味と洗練されたエレガントさを合わせ持つ味わい」を創りだすため、白ワインでは、コート・ドールの村名ワイン以上では圧搾後のピュアな果汁を小さな樽に入れ、果実本来の香りを大切にしながら発酵させます。

また赤ワインでは、樽香が果実香を覆い隠さないようオークの産地や内側の焼き具合にまで細心の注意を払い使用します。

こうした努力の結果、新生ブシャールは世界のワイン誌で高い評価を得るようになりました。

また、ブシャール・ペール・エ・フィスは、93haの自社畑を所有し、ボーヌのプルミエ・クリュ、レ・グレーヴ・ヴィニョ・ド・ランファン・ジェジュは、同社の誇るモノポールです。

また同社はヴォーヌ・ロマネにグランクリュのラ・ロマネを所有するリジェ・ベレール家の依頼を受け、このワインの瓶詰めと販売も手がけています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1