ジョルジュ・ルーミエ

●ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ(Domaine Roumier )●



ジョルジュ、ジャン・マリー、クリストフと3代続く、シャンボール・ミュジニィ村の大変著名なドメーヌ。

ボンヌ・マール、ミュジニイのグラン・クリュ、レ・ザムルーズ、レ・クラのプルミエ・クリュをシャンボール・ミュジニィに持ち、さらにはクロ・ド・ヴージョ、コルトン・シャルルマーニュのグラン・クリュも所有しています。

モレ・サン・ドニにモノポール(単独所有)のプルミエ・クリュ、クロ・ド・ラ・ブシエールも持ち、ドメーヌの総面積は12.08haになります。

クリストフは1992年から全面的に有機栽培を実践していて、ブドウの樹齢も比較的高く、ミュジニイは65年。

0.1haのブドウ畑からは、せいぜい2樽(600本)のワインしか造られません。

実際、このドメーヌの生産量は少なく、85年から94年までの10年間における1ha当たりの生産量は平均29hlです。

この厳しい収穫量の制限が、凝縮し、果実味にあふれたワイン造りを可能にしているのです!

新樽の使用率は最高でも30%に抑えられて、テロワールの特質を果実から引き出すことに努め、清澄、濾過も事実上行いません。

その素晴らしさは、ただの村名もののシャンボール・ミュジニィさえ並のプルミエ・クリュを凌ぐ品質と感じられます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3