ジャン・ルイ・トラペ

ジュヴレ・シャンベルタンに1890年に創業。

7代以上続く名門ドメーヌ。

13haを所有。現当主ジャン・ルイ・トラペがドメーヌを継承した後、1990年代後半からドラマティックに昔の名声を取り戻し、今日、押しも押されぬブルゴーニュ新世代のエースとなりました。

1998年からすべての畑においてビオディナミを開始。

ルロワやシャプティエなどが加盟するビオディナミ実践グループ「ビオディヴァン」にも加盟しています。

トラペのワインはとりわけフランスのトップソムリエ達から熱い支持を受けており、現在15店以上のミシュラン3つ星レストランにオンリストされています。

ワインショップではパリのラファイエット・グルメやラヴィーニアに、また、世界20ヶ国以上に輸出され、各国のワイン愛好家に愛飲されております。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0