メオ・カミュゼ

ブルゴーニュの中でも、特に人気の高いドメーヌ『メオ・カミュゼ』!


メオ・カミュゼは1983年に瓶詰めを始めたばかりという、まだ新しい生産者ですが、あのブルゴーニュの神様「アンリ・ジャイエ」がもともと、このメオ・カミュゼの小作人をしていたということもあり、コンサルタントとしメオ・カミュゼを指導していました。

今では、ブルゴーニュを代表する偉大なドメーヌとして確固たる地位を確立し、非常に入手が難しい造り手の一つとなっています。


メオ・カミュゼは醸造に関してアンリ・ジャイエに強い影響を受けており、凝縮した綺麗な果実味を得るためにブドウを「低温で浸漬」を行うなどアンリ・ジャイエのスタイルを守ってワイン造りが行なわれています。

ドメーヌ・メオ=カミュゼは、古くからヴォーヌ・ロマネやニュイ・サン・ジョルジュに多くの畑を所有していたメオ家とカミュゼ家の2つのドメーヌが一緒になったドメーヌ。

当主のジャン・ニコラ・メオ氏はもともとパリに住んでおり、一族はフランスの名門の家系なのだそうです。


入手困難な人気ドメーヌ『メオ・カミュゼ』のバックヴィンテージをこの機会に是非!

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0