ジャイエ・ジル

アンリ・ジャイエのいとこのロベール・ジャイエ、その息子のジルがその後を引き継いだドメーヌです。

 1948年、ロマネ・コンティの元醸造長だった故アンドレ・ノブレの弟子としてDRCで経験を積んだ後、ワイン造りを始めました。現在、妻のジル家が代々育ててきたオート・コートのブドウ畑と、ジャイエ家のエシェゾー(特級)とニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ダモード(1級)等を合わせて合計11haの畑を所有しています。

 1990年にはロベールが引退し、息子のジャイエが後を継ぎました。

先代ロベールからの手法を守り続けたワインの特徴は、新樽100%で熟成です。

 ドメーヌでは、新樽を使用しないのはブルゴーニュ・パストゥグランのみというこだわりを貫いています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0