シャルル・ノエラ

アンリ・ジャイエと比較された銘醸、幻のブルゴーニュ“シャルル・ノエラ”



伝説のブルゴーニュワイン生産者。

最盛期にはあのアンリ・ジャイエと比較されたほどの銘醸ドメーヌ、“シャルル・ノエラ”。

しかし1988年、ルロワがドメーヌを買収したため、もうその名前は、過去に造られたワインの稀少なストック以外、見かけることは出来なくなりました。

そのため、世界中の「ブルゴーニュ愛好家」が、いかつどこかで出会える日を楽しみにしているといわれるほどのレアモノです。

また、今人気の高いドメーヌ、“アラン・ユドロ・ノエラ”の当主アランの伴侶オディルは、シャルル・ノエラの孫娘にあたります。

“アラン・ユドロ・ノエラ”のドメーヌ設立時に、リシュブールを始めとするグランクリュなどドメーヌを設立するための中心になるアペラシオンは、彼女が持参したものだといいます。

ルロワの手に入れた畑は、その後“ドメーヌ・ルロワ”としてのワインを生み出しており、その品質の高さには言及するまでもないでしょう。

今手に入れておかないと、次はいつ出会えるか分からない稀少なアイテムです。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0