リジェ・ベレール

1815年からの歴史を誇る、ブルゴーニュの偉大な名門ドメーヌ。


世界一有名かつ高価なワインを生み出す、ロマネ・コンティが存在する村、ヴォーヌ・ロマネ。リジェ・ベレールが所有するラ・ロマネはロマネ・コンティと肩をならべる、ヴォーヌ・ロマネの偉大なグラン・クリュです。


畑を所有するリジェ・ベレール家は、ナポレオンにも軍人として仕えてきた由緒ある貴族。1815年、ナポレオン政権下の将軍であった初代ルイ・リジェ・ベレール氏がドメーヌを設立し、当時はラ・ターシュやラ・グラン・リュ、シャンベルタン等、約60haを所有する大ドメーヌでした。今でもラ・ターシュの前にそびえる十字架にリジェ・ベレールの銘が刻まれているのはこのためです。その後、相続問題により所有していた畑は分割され、これらの畑を手放すことになります。ラ・ロマネと一部の優良な1級畑は手元に残ったものの、ブドウの栽培・ワインの醸造・瓶詰をすべてルロワ、アルベール・ビショー、ブシャール・ペール・エ・フィスなどのネゴシアンに一任。そんな中、現在7代目当主を務めるルイ・ミッシェル・リジェ・ベレール氏は、軍人になる道を選ばず、祖父と同じく自身がヴィニュロン(ブドウ栽培家)となり、ワイン生産者という道を歩むことを決意します。これまで他のドメーヌに任せてきた自社畑を自ら手掛けるようになり、ここにドメーヌ・リジェ・ベレールが誕生しました。


畑仕事を大切にした丁寧なワイン造り。
果実味と樽香が美しく調和した官能的な味わい。


ルイ・ミッシェル氏はピノ・ノワールの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏やジャン・イヴ・ビゾー氏から指導を受け、2000年にドメーヌ元詰を行いリジェ・ベレールの初ヴィンテージを発表しました。2002年からはグラン・クリュのラ・ロマネをリリース。さらに特級畑のエシェゾー、一級畑のレ・スショ、ブリュレを手掛け、2012年には、ニュイ・サン・ジョルジュの1級畑クロ・デ・グランデ・ヴィーニュを単独所有し、こちらは赤ワインと白ワインの両方を生産しています。

特筆すべきはその丁寧で緻密な作業。畑の耕作は機械を使わず、馬を使用しています。まず、有機農法から開始し、今ではビオディナミを実践。ルイ・ミッシェル氏曰く、「ここ数年でようやく土が生き返るために必要な年数に達した」とのこと。2012年より手掛けるニュイ・サン・ジョルジュの1級畑では、樹齢の若いブドウの樹を取り除き、樹齢60年以上のブドウに限ったワイン造りに取り組み始めています。

前述のように、常に進化し続けているリジェ・ベレールのワイン造り。ルイ・ミッシェル氏が手掛け始めた2000年前半のワインは、還元的な香りが強く硬い印象でしたが、年々まろやかかつ余韻の長いテイストへ。ピノ・ノワール由来の芳醇な果実の香りと樽のニュアンスが美しく調和した、より官能的な味わいに変化しています。軍人という選択肢もありながら敢えてヴィニュロンを選んだルイ・ミッシェル氏。ワイン造りに並々ならぬこだわりと情熱を傾け、DRC、ルロワ、アンリ・ジャイエ氏が独占していたブルゴーニュワインの最高位の均衡を破るほどに成長しています。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1