クロ・ド・ラ・ロッシュ 1981年 アルマン・ルソー [1205]

クロ・ド・ラ・ロッシュ 1981年 アルマン・ルソー [1205]

販売価格: 138,000円(税別)

(税込価格: 151,800円)

売り切れました。。。
超入手困難!アルマン・ルソーの熟成古酒!クロ・ド・ラ・ロッシュ1981









ジュヴレ・シャンベルタンの名門、ドメーヌ・アルマン・ルソー。

一生に一度は飲みたいと願う、ブルゴーニュ・ラヴァー必飲のワイン♪
 


今回圧倒的に力強く、深い、特級畑クロ・ド・ラ・ロッシュの1981年が入荷しました!



ドメーヌ・アルマン・ルソーは、20世紀初頭にジュヴレ・シャンベルタンにアルマン・ルソー氏により創設されたドメーヌです。



2代目シャルル氏が、59年当時に6haだった所有畑を買収によって14haまで拡大させ、ジュヴレ・シャンベルタン村と南隣のモレ・サン・ドニ村で赤ワインのみを生産しています。



何と、所有面積の半分以上(8ha)がグラン・クリュで占め、特級モノポール“クロ・デ・リュショット”も所有しています。



まさにブルゴーニュを代表する名門ドメーヌとして、強いこだわりのもと、 素晴らしいワインを造り続けています。



シャルル氏の信念は、良い土地、古い樹、低収量、これらを守れば無理な凝縮を狙った機械やセニエ(果皮と果汁の比率を調整する目的で、搾汁直後に果汁を取り除くこと)などは必要ないと考えます。



また色やエキスの抽出の為の長期の低温浸漬はSO2を大量に必要とすることから懐疑的であるとし、すべてナチュラルなブドウと、テロワールの力に耳を傾けるという教えを忠実に守っています。



その醸造過程は見事に細部にまで気が配られています。

発酵後、樽に移すときから瓶詰までポンプを使用せずデリケートにワインを扱い、何と樽からアッサンブラージュしつつダイレクトに瓶詰するという神業をこなし、 テロワールの特徴が存分に表現された逸品が仕上がります。



ドメーヌ・ルソーの特徴は、力強さを感じると同時に、滑らかでシルキーなタッチがうっとりさせる、エレガントさを兼ね備えています。

まさに、エレガンスを極めるジュヴレ・シャンベルタンのお手本となるワインといえるでしょう。



こちらのクロ・ド・ラ・ロッシュは、モレ・サン・ドニ村を代表する特級畑。



唯一ドメーヌ・アルマン・ルソーが、ジュヴレ・シャンベルタン村以外に所有する畑です。

ジュヴレ・シャンベルタン寄りの畑で、ロッシュとは「岩」の意味、石灰岩の露出が目立つ畑の名の由来となっています。



ルソーの珠玉のグラン・クリュのラインナップの中では、比較的お値打ちなクロ・ド・ラロッシュですが、ポテンシャルはズバ抜けており、長期熟成に向いている畑です。



ルソーのワインというだけで世界中で争奪戦が繰り広げられており、近年特に入手困難な状態が続いています。



ブルゴーニュファンの憧れのルソーです!



この機会に是非夢を叶えてご入手ください!!





※ラベルや瓶、キャップシール部に若干の汚れやかすれ、傷がある場合がございます。ご了承のうえお買い求めください。

※実店舗と在庫を共有しているため、売り切れの際はご容赦ください。

商品詳細

国 名 フランス
産 地 ブルゴーニュ
生産者 アルマン・ルソー
原 料 ピノ・ノワール
容 量 750ml

他の写真