ヴォギュエ(コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ)

●ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ(Domaine Comte Georges de Vogue)●


シャンボール・ミュジニィ村を本拠地としているドメーヌ。

1987年にヴォギュエ伯爵は亡くなり、現在は娘のエリザベートがドメーヌをついでいます。

栽培責任者にジェラール・ゴードー、醸造責任者にフランソワ・ミエを起用し、新世代のドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギエがスタートしました。

所有するブドウ畑は全てシャンボール・ミュジニィ村にあり、計12.2ha。

プルミエ・クリュのレ・ザムルーズ、グラン・クリュのボンヌ・マールとミュジニィなど。

ミュジニィには7.2haもの自社畑を持ち、このグラン・クリュ最大の所有者です。

0.5ha分にはシャルドネが植えられており、唯一このドメーヌだけがミュジニィの白ワインを生産。

年間生産量はわずか160ケースのレアものとして珍重されています。

*現在は樹齢が若いためにブルゴーニュ・ブランとして出荷されますが、中身は紛れもなくミュジニィ・ブラン! 

知る人ぞ知る貴重品です!

グラン・クリュの造り手としては珍しく強い樽香を嫌い、たとえミュジニィであっても新樽使用率は最大70%に留めるなどのこだわりで、世界中に高い評価をうけています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2