セシル・トランブレー

●ドメーヌ・セシル・トランブレー(DOMAINE CECILE TREMBLAY)●


1921年、エドゥアルド・ジャイエ(アンリ・ジャイエの父の兄弟、セシル・トランブレーの曽祖父)がドメーヌを創業しました。

所有面積は約6ヘクタール。

その娘ルネ・ジャイエ(セシル・トランブレーの祖母)は1950年、畑を同じ家系であるミシェル・ノエラに貸しました。

メテイヤージュ(分益小作)で、ミシェル・ノエラは、彼がこの畑から造ったワインの半分程度をルネ・ジャイエに地代として寄贈してきました。

2000年、それまでワインで支払われていた地代を、ぶどうで、孫のセシル・トランブレーに支払うという契約変更が成立しました。

同年、収穫からセシルの手によって行われ、そのぶどうを使って、パスカル・ロブレとともにワイン造りを開始しました。

2003年、半分の3ヘクタール分についてメテイヤージュの契約期間が終了し、セシルが正式に畑を継承しました。

残り半分も将来的には返却されることになります。

尚、誤解されていますが、これら一連の畑は、セシルが継承するはるか前から極めて厳格なリュット・レゾネ栽培でした。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0