コシュ=デュリ 

●ドメーヌ ジャン フランソワ コシュ=デュリ(Domaine JF.Coche-Dury)●


白ワインの神様という異名をもち、ノンフィルターの長熟型白ワインでブルゴーニュを代表する生産者として知られるドメーヌ、コシュ=デュリは国道74号線近く、ムルソー村中心部から少し離れて位置しています。

1920年の設立時は町の中心部にあり、6つの畑の分益耕作からスタートしました。

少しづつ畑を購入し、特に40年にドメーヌに入った2代目が所有地を拡大。

現当主の3代目になってからも畑の購入は続けられており、一番最近に購入したのは94年のピュリニー、95年のムルソー。

現在ムルソーの村名アペラシオンのリューディーは15区画を数える。

分益耕作の割合は年々減少し、現在は10.5haのうち1.5haを残すのみとなっています。

ワインの元詰はドメーヌ設立時から始めていますが、商習慣で今でも樽の1/3をネゴシアンに売却しています。

白は酸のしっかりとしたボディのある長熟型、赤はピノ・ノワールの果実味のあるフィネスを生かしたつくりが特徴です。

並行物では大変な高値がつくはおろか、偽物まで出回るほどのドメーヌで、そのワインは世界的な投機的商品となっていますが、当主のジャン・フランソワ・コシュ氏はその名声にあぐらをかくことなく、畑第一主義で真剣にワインを造り続けています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0