ルフレーヴ

ピュリニィ・モンラッシェ村において、最も尊敬を集めているドメーヌ。

ブルゴーニュの白ワイン造りの名匠として謳われたヴァンサン・ルフレーヴはすでに他界しましたが、その娘、アンヌ・クロードがドメーヌの評価の維持に努めています。

バイオダイナミックス農法を1990年より実践。

これはブドウの根、葉、花、実の成長にそれぞれ影響を及ぼす、土、水、光、熱の4要素を吟味し、これら4要素に密接に関係する天体の位置にしたがって栽培作業を進める方法です。

化学肥料のたぐいは一切使用せず、天然のカルシウム、リン、シリカ、鉄分などを水に溶かして、ブドウの根元に施します。

結果、土中の微生物が活発に働き、窒素量が増え、ブドウの葉の色づきが向上しました!

ビアンヴィニュ・バタール・モンラッシェ、バタール・モンラッシェ、シュヴァリエのグラン・クリュを昔から所有し、その素晴らしさゆえ、このドメーヌにモンラッシェは必要なしといわれたほどでしたが、91年に念願のモンラッシェ(かなり稀少品!)を手に入れて、ラインナップは完成しました。(参考:ワイン大全)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2