ルロワ

ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。

ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。

全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。

 ラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)は、超一流のネゴシアンとして今日のルロワ社の名声を築いた人物です。

ワインに関して世界最上の味覚、テイスティング能力の持ち主と言われ、厳しい品質管理により素晴らしいワインを造りあげています。

また、ブルゴーニュ最高の生産者のひとりと誰もが認め、理想を追求する「ブルゴーニュの完全主義者」としても知られています。

 「ワインの個性は土地が決定するもの。ワインは畑で生まれ、生産者はその手助けをするだけ」と語り、畑が持つ個性を最大限に表現し、ビオディナミ(バイオダイナミクス栽培法:植物肥料だけを用いて天体との連動効果を畑にもたらす農業)による葡萄造り、驚く程の低収量を貫いています。

造られるワインは、まさに優雅さとエレガントの極みで、薫り高く、洗練された果実の味わい。素晴らしい濃縮感がありながら、きめ細かなボディは他に類を見ないブルゴーニュワインです。

1992年まで、ヴィレーヌ家とともにDRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)の共同経営者だったマダム・ルロワですが現在は完全に退き、マダム・ルロワの甥にあたる、アンリ・フレデリック・ロックが、DRCの共同経営者の職に就ています。

今やドメーヌ・ルロワのワインはDRCと肩を並べる、ブルゴーニュの巨頭と言われています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1