ラルロ

大手保険会社が、ネゴシアンから買収し、1987年が初ヴィンテージという比較的新しいドメーヌ。

支配人、ジャン・ピエール・ド・スメ氏は、ドメーヌ・デジャックのジャック・セイス氏の元で10年間にわたり修行した方で、デジャックのやり方をそのままこのドメーヌに持ち込みました。

あらゆるアペラシオンで35hl以下という低収量で栽培しています。

2003年からは、完全にヴィオディナミ栽培に移行しました。

ラルロの所有する畑は、大半がモノポール(単独所有)の畑で、独立しており、隣接した畑の影響を受けにくく、ヴィオディナミ栽培では優位な立地となっています。

・クロ・デ・フォレ:モノポールで、石垣に囲まれた畑。

・クロ・ド・ラルロ:モノポールで、ドメーヌの敷地内にある畑。

醸造も自然なスタイルで、除梗はせず、醗酵前に3〜5日の浸漬を行い、天然酵母による3週間以上の長い醗酵期間、樽熟成時の新樽の比率は50%程度で、フィルターは使用しません。

現在は、若手のオリヴィエ・ルリッシュ氏(まだ30代前半)が、ドメーヌの指揮を取り、現行のスタイルを踏襲しながら更なる進化を遂げています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2